調律師さんが教えてくださったお話です。

ベーゼンドルファーと声楽って相性がいいのですって。
そういえば、東京文化会館の小ホールでしばしば行われる
声楽リサイタルではベーゼンドルファーがよく使われています。

ピアノ伴奏がなく、声楽だけのソロになった部分で、
ピアノ奏者の方は、ダンパーペダルを踏むことがあるそうです。
ダンパーペダル、右端のペダルで、ダンパー(弦をおさえているフエルト)を
あげることにより音が響くペダルです。
自分は演奏しないのにダンパーペダルを踏むのは
歌声がピアノの内部に反響して、とてもいい響きを出してくれるそうです。

いい響きと言えば、ピアノってとても素敵なスピーカーになるって
ご存知でしたか?
グランドピアノをお持ちの方、お手持ちのスマホで好きな音楽を流して
グランドピアノの反響板の上に立て掛けてみてください。
スマホなのにいい響き!
さらにダンパーペダルを踏んでみると、もっといい響きになると思います。





スポンサーサイト

11月は以下の予定でお休みをいただきます。 

11/14(土) 午後 
11/29(日) 午後 

なお、11/22はピッコロシアターで行われるPTNAのステップを受けられる皆様にワンコインキャンペーンを行います。 
ステップ前の指ならしや、ベーゼンドルファーを一度触ってみたかったという方、ぜひご利用下さい。 






Piano Studio 225にあるグランドピアノは
2013年の草津音楽祭で皇后美智子様が弾かれたピアノです。

いつもお世話になっているピアノ屋さんでは、毎年この音楽祭にベーゼンドルファーを数台貸し出ししておられます。
というわけで、毎年、美智子様が弾かれたピアノが出るわけですが、一昨年の分を譲っていただきました。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。