アヴェンヌは私の大好きなお店です。

時々、アマチュアの人が演奏できる機会があって、
昨日、「カジュアルお客様出演日」に参加してきました。
歌あり、バイオリンあり、ピアノ独奏あり、
いろんな楽器の方が参加されて、日頃の成果を披露されました。

昨日は3回も順番が回ってきて、
メトネルのおとぎ話、
ラフマニノフの連弾(Op.11) with H先生
メンデルスゾーン 甘い思い出
の3曲を弾いたのですが、どれもひどくてとてもアップできません(:_;)

ピアノはうちと同じベーゼンですが、個性が全然違うので、
家で弾いているのとちょっと違う音が響くと
あれ、間違えた?と動揺してしまって、崩れてしまいました。
いろんなピアノで場慣れしていかないといけないですね。

今回、歌やバイオリンの伴奏をされたH先生、
音がとても多様で、チェロのピッチカートの音が聞こえた時、
本当に感動しました。
ppもこれ以上ないってくらい繊細な音でした。

本当は演奏動画をアップしようと思ったのですが
ひどい演奏なので、アヴェンヌのメニューで私の大好物
焼きカマンベールの動画でもどうぞ~!







スポンサーサイト

弾き比べ、まだです。
2月にホールでヤマハ、スタインウェイ、ベーゼンのフルコンの
弾き比べができるという素敵な企画に応募して、
見事当たったのですが、
こういう時、へたっぴは困りますよね。

何弾くよ??

先生に相談して、ショパンのワルツ7番は?
美しい音色もあれば、がっつり弾くところもあって音の違いが
よくわかりそう。
うん、そうですよね、帰って楽譜見てみます~♪
なんて言ったものの、1か月でとても弾けるとは思えない。
結局ワルツは却下。
で、以前から弾いていたエチュード25-7を弾くことにしました。

ホールでフルコンを3台並べて弾くなんて
なかなかできないことなのでとてもいいのですが、
時間が7分しかないというのがネックです。

出入りを考えると1台2分。
なので、エチュードも前奏(?)なしの、最初の2ページだけを
弾き比べしてくる予定です。

いつも思います。
どこかにでかけてピアノを見つけて、触ってもいいよって
言ってもらえた時、さらっと弾ける曲を持っておくべきだと・・・。
その時練習している曲しか弾けないんですよね。






オンタイムで見ていなかったので
今日を楽しみにしていました。
昨日から全国ツアーが始まったんですね。
会場ごとに少しずつ曲が違うようで
全部聴けたらよかったなー。

本日のシンフォニーのメニューはこんな感じ!

≪イーケ・(トニー・)ヤン【第5位】≫
舟歌 嬰ヘ長調 op.60
ワルツ 第1番 変ホ長調「華麗なる大円舞曲」op.18
≪ドミトリー・シシキン【第6位】≫
スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
≪エリック・ルー【第4位】≫
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22(オーケストラ付)

≪ケイト・リウ【第3位】≫
3つのマズルカ op.56
 第1番 ロ長調
 第2番 ハ長調
 第3番 ハ短調
≪シャルル・リシャール=アムラン【第2位】≫
 ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58
≪チョ・ソンジン【第1位】≫
 ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11


一人目のヤン君、とってもかわいいの!

アンスピのオケ付きバージョンは初めて聴いたのですがいいですねー。
音が広がって豪華に聞こえます。
弦、特にチェロとヴィオラの深い音が素敵でした。

3位以上の三人は音が豊かですね。
プロの演奏みたいでした。
もう、プロの仲間入りですもんね。

私はアムランさんの音が好きでした。
一位のソンジン君、かわいいですねー。
オケが音を抑えてたのもあるかもしれませんが
よく響いていました。
テンポルバートでファゴットとうまく合ってました。
コンチェルトを弾いた後に、アンコールで英ポロ、
全然疲れていなくて、出すところは出す、抑えるところは繊細に、聴いていて楽しい演奏でした。

思ったより舞台に近い席で(八列目)
右側だったので、ヴィオラと弦バスがよく見えたのも良かったです。

開始して数分で、前に座っていたおばちゃん3人がそろって舟をこぎだして、曲が舟歌だったので笑いそうでした(*^O^*)

高かったけど行ってよかった!
彼らの成長が楽しみですね。



シンフォニーは開演前なら写真を撮ってもいいみたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。